実際には。。

『つま先で蹴って』『拇指球にしっかり乗って』と歩く、走る、跳ぶといった動作でよく言われているけれど、、、
つま先でスタートを切ろうとすると、どうしても重心が安定せずタイムロスが生じてしまう。そのことに気づいた鈴木は人体の構造を学び、かかとの内側を意識した走塁技術を取り入れた。そうすれば走り出しがスムーズとなり、足の疲労も軽減されるというのだ。
動作の連続写真のような画像やスロー再生で動画を見ると『つま先で蹴って』いるように見えたり『拇指球にしっかり乗って』いるように見えるのだけど、実際には身体をそのように動かしていなかったりする。
どんなに筋トレで筋肉をつけようが長時間の練習をしようが、身体の動かし方(操作)を間違えていてはコンディションもパフォーマンスも結果も。。





コメント

このブログの人気の投稿

正藩語録

ビーチサンダル de 足半