選手を守る

医師の診断・判断があったのかどうか。
コーチの判断だけでは危険。
ブライアン・オーサー・コーチは「羽生は演技したいと言ったが、脳振とうなどの症状がないかを注意深く見て判断した。最初は混乱していたが、時間がたつにつれて意識がしっかりしてきた」と話した。
演技中にも転倒を何度かしていたようだし、普通の状態でないのは確か。選手を守る(止める)のもスタッフ(コーチやトレーナーなど)の仕事。止めるのはつらいけど。。

スポーツにおいて厳しい指導や痛みに耐えて結果を出す(出そうとする)ことが美談になりがちであるのは違和感。





コメント

このブログの人気の投稿

第35回 江東シーサイドマラソン

衝動買い

足半