10時間

食事内容によるけど胃が空っぽになるまでのおおよその時間。
パンでは6時間以内に完全に胃内が空になるのに対し、米飯では10時間かかることを確認している
10時間程度の間隔をあけずに食べてしまうと胃には常に食べた物がある状態になってしまい、胃の働きが悪くなる。
胃が最も強く収縮するのは、中が空のとき。お腹の健康を保つための重要な働きなのですよ
腸管内のガスが動いて、お腹がぐーっと鳴る。「掃除したので、次の食事の準備OKという合図ですね」。
胃の働きが悪くなれば、『お腹がぐーっと鳴る』こともないし空腹にもならない。

『1日3食=健康』だと時間が来ると『お腹がぐーっと鳴る』ことも空腹でもないのに食事をしてしまう。
「痩せたい」「なんだか調子が良くない」という方の多くが『お腹がぐーっと鳴る』ことや空腹になってから食事をしていない。
1日で1食や2食抜いたところで死にはしないし栄養失調にもならない。弱った胃のリセットには食事抜き24時間が必要となる。
弱った胃を復活させるには、胃の粘膜の再生が必要となり、
胃の粘膜の再生は、胃が空っぽになった状態から行われ、最低でも12時間かかる。
食べた物が胃から腸へ出て空っぽになるまでに、通常6~8時間、
胃の機能が落ちている場合には、12時間かかると言われているので、
胃の粘膜の再生には、
胃を空っぽにする時間:12時間 + 胃の粘膜の再生:12時間 = 24時間
つまり、24時間食事を抜く事が必要である。
1日24時間。
毎食10時間あけるようにすると1日2食。
1日3食が必要という方はどこか一回は10時間あけるようにしないと。。


※個人差があります。
※医師の指示がある方は医師の指示に従って下さい。






コメント

このブログの人気の投稿

肋間筋と胸肋筋

正藩語録

バイト敬語