イメージトレーニング

 ギプス固定されていてもイメージトレーニングをすることで筋力の低下を最小限に抑えられ、神経系の回復も早くなるのか。。
1日に12分弱のイメージトレーニングで得られた効果は驚くべきものである。4週間後、ギプスで固定された15人の被験者たちの筋力は45%も低下してしまったのに対し、固定されながらもイメージトレーニングをした14人の筋力の低下は23%にとどまった。

これは筋肉を使う場面を想像をしただけで、筋力の低下を約50%も予防できたことを示唆している。また、随意的活性(神経系が筋肉を完全に活性化させる能力:Voluntary activation)も、イメージトレーニングをしたグループの方が回復が早かった。



コメント

このブログの人気の投稿

肋間筋と胸肋筋

正藩語録

バイト敬語