三点

拇指球
小指球


まっすぐ立っている(立位)時には三点に体重が等分にのっているのが自然。

動作の際に『拇指球でしっかり蹴る(踏み込む)』『踵から着く』などは動作の連続(分解)写真の一部しか見ていないから。
三点にのる感覚がなくて身体操作の感覚もないのに『拇指球で…』や『踵から…』をするからケガや故障する。パフォーマンスが上がらない。

健康やスポーツのコンディション・パフォーマンス向上にヨガやピラティスも良いけど、まずは三点でバランスよく立てないと。。






コメント

このブログの人気の投稿

祝!復活!!

打ち消し広告

【LEGO|R2-D2】組み立て一日目