トレーニングは耐えるものでないはず。

トレーニングには、

きつい
つらい
苦しい

などという動きを

楽に行えるようにすること

が目的であって、

耐えること

が目的ではない。

どんなにきつい、つらい、苦しいトレーニングに耐えても、その先に楽に行えるという結果はない。
耐えている限り、力は抜けないので楽な動きはできない。
できるのは、手を抜いて楽をすること。

ある程度のきつい、つらい、苦しいトレーニングは必要。
きつい、つらい、苦しいなどの負荷が身体にかかることで、楽という身体に負荷の少ない動かし方が体感でき身に付けることができる。
身体に負荷の少ない動かし方が、効率のいい動き方となり、ケガや故障の少ない身体、体力のある身体となる。
きつい、つらい、苦しいトレーニングを耐えることを強いることが間違っているだけ。

手を抜くのではなく、力を抜くことを身に付けるトレーニングしていますか?!


IMG_2585.JPG



コメント

このブログの人気の投稿

体幹?コア?トレーニング

バイト敬語

会話