トレーニング

どんなにトレーニングをしても身体は変わりません。。
今ある身体の筋肉が増える(大きくなる)、筋力が強くなる、関節可動域が増える、、、などの変化であり、身体自体は変わりません。

トレーニングで身体を作り変えている途中なので動きが悪くて、、、という話を聞きますが、
では、その動きはいつ良くなるのですか?!笑
そもそも身体は作り変えられないですが(笑)

トレーニング期間が終わってから、動きづくりをするので、、、て
それで動きが良くなった時というのは、トレーニングをやめたことで無駄に増やしてしまった筋肉、強くしてしまった筋力が落ちた時ではないかと?!笑

トレーニングで動きが悪くなるということは、身体をバラバラにしてトレーニングをしてしまっているということ。
身体は機械のように部品の寄せ集め、集合体ではありません。
なので、腕の交換はできないですし、足の交換もできません。
機械的に言えば、身体は一つの部品でできているということです。

そのような身体をバラバラにしてトレーニングしてしまうのですから、動きが悪くなるのは当然ですし、ケガや故障の原因にも。。。

骨にも内蔵にも異常がないのですが
動きが、、、
痛みが、、、
パフォーマンスが、、、
不調が、、、
という方は、トレーニングの見直しをおすすめします。

身体のどこかだけを強化したところで、身体のバランスが崩れておかしくなるだけです。


サクマフィジカルコンディショニング_ZAT式トレーニング



コメント

このブログの人気の投稿

正藩語録

Twitter timeline 2011-04-17