2ヵ月ぶりの長めの12kmラン

毎日のように10km以上を走っている人からすれば、大した距離ではないと思いますが、僕にとって10kmを超えるランニングは長めです(笑)

昨日は、曇りから青空になり、さらに思ったより日差しが強くて、5kmあたりで8kmでやめておこかなと悩みながら12kmコースへと進んだのですが、案の定、8kmあたりからキツさを感じ始めて、10km過ぎにはバテて、、、

キツくなってくると、

足を前に出そうとふくらはぎが頑張り始める
足を前に出そうとして背中が丸まってくる
背中が丸まり、肩に力が入り、顎が上がってくる
顎が上がり、呼吸が苦しくなる

というような身体の変化がはっきりと感じられたのは収穫。

そして、今まで長い距離を走ると右の拇指球周辺にできていたマメが右にはできず左の拇指球周辺にできかけていて、良いか悪いかわからないけど身体の使い方にも変化があったらしい。

一昨日に横断歩道を走る小学生の姿勢があまりにも素晴らしかったので、その素晴らしい姿勢のイメージを持って走っていたことが良かったのかも。


コメント

このブログの人気の投稿

ビーチサンダル de ワラーチ

鉄剤注射