師と士

時々思う「師」と「士」の使い分け。

Google先生の翻訳によると
「師」は「Master」
「士」は「Officer」
わかったようなわからないような。。。

さらにGoogle先生に聞いたら
気になることば 第七回 -Samaria
というサイトを教えてくれた。
その中に
「師」にも「士」にも、「専門技術を身につけた者」という意味は共通している。その上で、「師」には「教え導く者」とか「ある境地に達した人」などという意味が重なり、「士」には「上の人に仕える人」とか「公務員」というような意味が加わっている。そこから「師」と「士」の使い分けが生まれてきているのであろう
とあり、翻訳と合わせてなんとなくしっくり来た。

自分は「師」ではあるけど、『「教え導く者」「ある境地に達した人」』という域にはまだまだ達していない。
日々精進、日々鍛練あるのみ。


コメント

このブログの人気の投稿

正藩語録

ビーチサンダル de 足半