久しぶりのバレー観戦

観戦と言ってもテレビ観戦ですが。。

【バレー】サオリン涙の大逆転劇…最終セット6―12から8連続得点でリオへ前進 : スポーツ報知

女子バレーボール リオデジャネイロ五輪世界最終予選兼アジア予選
日本 vs タイ

世界ランキングでは日本は5位、タイは13位。
サラッと勝つかなと思っていたら、、、

第1セット、日本の選手は緊張でガチガチ。身体が全然、動いていない。ミスの連続。。
一方のタイは笑顔で伸び伸びプレーしている感じ。
一敗をしてもう負けられないプレッシャーのかかる日本、二敗していてなんとしても勝ちたいタイの精神状態の差なのかなと思いつつ、負けることはないだろうと観ていたら、最後はサーブミスで20-25で第1セットを取られる。

第2セット、日本はメンバーが何人か変わったもののミスが多くリズムが悪いまま。。タイのミスに助けられて25-23でセットを取り返す。

第3セット、相変わらず動きの悪い日本、第2セットを落としたものの元気なタイ。ここを決めれば流れが変わる、というところでミス、タイに決められ、タイの勢いが増すばかり。。23-25でタイにセットを取られる。

第4セット、後がなくなった日本は吹っ切れたのか動きが良くなってきた、と思うとミス。。タイの動きが良いのか日本の動きが悪いのか。。なんとか25-23でセットを取り返してファイナルセットへ。

第5セット、追いついた方が精神的に有利なはずなのにあっという間に6点差(4-10)。負けた、、、と思ったらタイのミスからタイの監督が熱くなりすぎて試合が止まる。タイの流れが徐々に日本へ。タイの監督にレッドカードが2枚(日本へ2点)もあって、15-13で日本が逆転でセットを取る。

セットカウント3-2で日本の勝利!
危なかった。。ランキング差、ホームの利を全く感じない試合だった。


技術や戦術は日本の方がタイよりも上。
しかし、タイの攻撃が日本を追い込んだ。日本のスパイクを何本もブロックし、レシーブもした。
身体が動かなければ技術も戦術も意味がない。
オリンピックの最終予選で、もう負けられないというプレッシャーをどうコントールするか、、、いろいろと考えさせられる興味深いバレー観戦だった。


あと3戦。
オリンピック出場権を獲得して欲しい。
”こころはひとつ”にガンバレ!ニッポン!!



コメント

このブログの人気の投稿

ビーチサンダル de ワラーチ

鉄剤注射