鼻呼吸

感染症に対する緊張が続く毎日
外出自粛
緊急事態宣言と言う割には対策が物足らない政府(笑)
などにより
ストレスフルな環境です。

そして
新型コロナウィルス感染症への予防のために
マスク生活が続いております。
マスクをしていると
どうしても息苦しさから口呼吸になりがちです。
しかも無意識に。。

ストレスフルな環境と口呼吸で
身体は超がつくほどの過緊張状態です。
いわゆるバキバキ状態、交感神経MAX状態です。

これは防衛本能でもあるので仕方ないです。

しかし、この状態が続くと身体のバランスは崩れ
首肩のコリ
腰痛
膝痛
不眠
過剰な食欲亢進もしくは不振
など
様々な不調、不具合が出始めます。

現在の環境下では緊張感が抜けないのは仕方がないことです。
しかし、口呼吸はコントロールできます。

鼻呼吸を意識することで口呼吸は変えられます。
鼻呼吸は感染症予防にもつながります。
鼻を空気が通ることで
鼻毛や粘液がフィルターの役割をして異物の侵入を防ぎ
空気に適度な湿気を加え、喉の乾燥を防ぎます。

食事中の音(クチャクチャ音:クチャラーになっている)
寝起きにいつも以上に喉が渇く
などは口呼吸になっている可能性があります。

今、一番大事なことは
自分の身体の健康を保つことです。

鼻呼吸を意識し
身体のバランスをできることから維持しましょう。
(免疫機能や防衛体力といった免疫力の活用にも有効です)



コメント

このブログの人気の投稿

正藩語録

Twitter timeline 2010-11-05