筋トレ

なぜそんなに筋肉をつけたいのか?!つけなくてはならないのか?!という素朴な疑問。。
自重トレーニングの動きは、それを選んでするものではなくて、どうしてもやる必要があるものです。私のクライアントに動きを教え込むときは、まずクライアント自身の体重だけを使った動きのパターンを教えて、それを強調します。負荷を感じず適切に動くことを学んで初めて、別の動きを選択して習得できるのです。
自重エクササイズは道具箱の中にある道具の1つでしかないと思いますが、どんな目標を掲げているかに関わらず、思った以上のところまで到達させてくれるものだと思います。正しい自重トレーニングの動きは極力関節に優しく、ずっと自然な範囲で動けます。自重エクササイズによって体全体の緊張の使い方を学べますが、それはフリーウエイトのコントロールの仕方を学ぶためにも欠かせないことです。
自重トレーニングで自分の身体をコントロールできないのにウェイトトレーニングのようないわゆる筋トレをしても筋肉はついてもコントロールできないでので。。

しゃがめないのにバーベル担いでスクワットしても、、、
腕立て伏せができないのにベンチプレスしても、、、
猫背でサイドレイズやフロントレイズやローイング系をしても、、、
理想的な身体操作ができてから筋肉を増やしたり強くしても遅くはないです。




理想的な身体操作は『コンディショニング3ヶ月集中コース』で!!

コメント

このブログの人気の投稿

肋間筋と胸肋筋

正藩語録

バイト敬語