引っ越しました。

SPC_Sakuma's BLOG
http://sakuma.spcstyle.com


今後ともよろしくお願い致します。


熱中症予防

熱中症予防にはこまめな水分補給といわれてます。
こまめな水分補給は大切ですが、そもそも30℃を超える気温・室温の環境に30分~60分以上継続していないようにすることが重要だと思います。。

環境省によると

●日常生活においては
25℃~ 警戒:運動や激しい作業をする際は定期的に充分に休息を取り入れる。
28℃~ 厳重警戒:外出時は炎天下を避け、室内では室温の上昇に注意する。
31℃~ 危険:高齢者においては安静状態でも発生する危険性が大きい。外出はなるべく避け、涼しい室内に移動する。

●運動においては
24℃~ 注意:熱中症による死亡事故が発生する可能性がある。熱中症の兆候に注意するとともに、運動の合間に積極的に水分・塩分を補給する。
28℃~ 警戒:熱中症の危険が増すので、積極的に休息をとり適宜、水分・塩分を補給する。激しい運動では、30分おきくらいに休息をとる。
31℃~ 厳重警戒:熱中症の危険性が高いので、激しい運動や持久走など体温が上昇しやすい運動は避ける。運動する場合には、頻繁に休息をとり水分・塩分の補給を行う。体力の低い人、暑さになれていない人は運動中止。
35℃~ 運動は原則中止:特別の場合以外は運動を中止する。特に子どもの場合は中止すべき。

となっており、気温・室温ともに年齢や活動内容によって少し違いますが30℃以上の環境下では熱中症のリスクは高くなるようです。



熱中症は身体に熱がこもり体温の上昇によって生じる症状です。
気温・室温が低くても湿度が高いと体温のコントロールができなくなり熱中症になるリスクがあります。
ご注意下さい。


コメント

このブログの人気の投稿

ビーチサンダル de 足半